PRODUCERS
生産者

HÉTSZŐLŐ

トカイ「ヘートソーローワイナリー」はトカイ山の南斜面、トカイ・ヘジャリア地区に55ヘクタールのブドウ畑を所有しています。ハンガリー語でHétは7、Szőlőはブドウを意味し、その名の通りブドウ園は7つの区画に分かれています。1502年にガライ家によって7つの最も優れた畑が購入されてから長い歴史を経て現在に至ります。また、人口肥料や除草剤や殺虫剤も使用していないなど、自然派の製法にもこだわっています。

BOTT

奥さんのユディット、ご主人のジョセフのボット夫妻で営むワイナリー。ハンガリーの権威あるワイン生産者の大会「A BORÁSZOK BORÁSZA」で4年連続のファイナリスト。また、オーストリアの農業大学でもワイン造りの講座を受け持つスペシャリスト。 ボットのワイン造りの特徴はブドウ造りへの情熱と厳密な収穫です。

SERPENS

祖父、父親と代々、トカイワインワイン生産に携わっているワイナリーのオーナーです。セルペンスさん自身も1997年にトカイ・トレーディング・ハウスで仕事を始め、その後3社のワイン生産の責任者の経験を経て、祖父から受け継いだ古くからの農園でワインの生産を行っています。

VYLYAN

1988年ハンガリー最南端のヴィラーニ地方シクロシュで創業したワイナリー。社名ヴィリアンは1000年以上のワインの歴史があるこの地域の古い文献にあった、この地域の昔の地名の一つVylianに由来しています。約120ヘクタールのブドウ畑を所有し、年間60万本のワインを生産。また、様々な賞を受賞している威厳あるワイナリーです。

IPACS-SZABÓ

ハンガリーの大学でワイン学を専攻し、卒業後、ヨーロッパ各国でワイナリーと研究機関で従事した後、カリフォルニアで先進のワイン造りを経験。現在、2ヘクタールの畑で主にカベルネフランを栽培。ワインへの思いを非常に強く、すべて手摘みで丁寧に収穫します。個人の小規模ワイナリーながら、毎年行われるハンガリーの最優秀ワインメーカーの大会で2014年以来、唯一の6年連続ハンガリーのトップ5ワイン生産者に選ばれています。

HUMMEL

ドイツ人のワイン醸造家。ハンガリーの南、ヴィラーニのテロワールに惚れ込みこの地方で土地を購入しワイナリーを経営しています。土の肥料に牛の角を使うなど、自然派の造り方にこだわり、自国のドイツでも販売しています。オレンジワインなど珍しいワインも楽しめます。